So-net無料ブログ作成

「不衛生な水」を飲んでいる農村人口は1億人 [中国ニュース]

中国の農村部では1億人を超える人たちが「不衛生な水」を飲んでいる状況であることが、中国水利部と世界自然保護基金(WWF)が発表した報告で明らかになった。第一財経日報が伝えた。


中国水利部、中国農業大学などから集められた約20人の専門家チームが調査した結果をまとめたもの。農村部の飲用水の安全に関する報告は、中国で初めてとなる。報告によると、中国農村部で飲用水の水源の汚染が深刻さを増しており、安全性が保たれていない状態。その原因は、地元企業の廃水垂れ流しや化学肥料と農薬の過度の使用だと指摘された。


水利部農水司によると、2005年時点で、中国農村部で「不衛生な水」を飲んでいる人は約3億2300万人。うち9084万人に何らかの支障が生じていた。2006年~2010年、中国政府は農村の2億2000万人の飲用水の安全問題を解決したとしているが、今回の報告で、いまだに1億を超える人たちが「不衛生な水」を飲むしかない状況にさらされていることが明らかになった。





共通テーマ:ニュース

「日本は韓国のお菓子をパクりすぎ!…と思って調べたら逆だった」…韓国人、衝撃受ける

『かっぱえびせん』が韓国では『セウカン』になって売られているのは韓国でも有名な話ですが、その他にもそっくりに作られたコピー商品は山のようにあります。ミンジさん(仮名・韓国人女性)は日本を訪れた時、日本のスーパーに並ぶお菓子を見て驚かされたと言います。


「日本のお菓子を見ていると本当に面白い。なぜなら韓国で売られているのとそっくりなものが多いから。代表的なものと言えば『セウカン』じゃないだろうか?大韓民国の国民的お菓子として知られているが、日本に行くと『かっぱえびせん』だ。中国をとやかく言う前に、韓国もパクる文化を持っているということ…そろそろこういうコピー商品を作ることは無くなるかな。印象的だったのは、オリオンの『チョコソンイ』が日本では『きのこの山』だった」。


イさん(韓国人女性)は、最近、韓国のお菓子が日本のお菓子をコピーして作られたことを知り、衝撃を受けたそうです。
「韓国のいくつかのお菓子や飲料水が、日本のお菓子や飲料水を剽窃していたという事実を最近始めて知った。まさか、まさかと思って調べてみたけど、やっぱり日本製品は10年程度早く販売されていた…。日本で放送された関連報道では、ある韓国人が『元々、韓国は真似るのが上手い』と話していた。剽窃は韓国の間違った部分。認めなければ…この問題について日本を悪く言う人がいるけれどやめてほしい…」

カンさん(仮名・韓国人男性)は、韓国のコピー商品はあまりにも多すぎるのではないかと指摘しています。
もしかして、韓国が最初に作ったのではないかと思い調べてみたが、どれも10年以上日本が先に発売していた製品だった。『同じように見えても、模倣製品ではない』と盗用ではなくベンチマーキングだというのが韓国企業の立場だ。韓国人として韓国企業の厚かましい『ベンチーマーキング』が恥ずかしい。一部からは日本のキムチを挙げて、日本も同じようなことをしていると言う人がいるが、だからといって韓国企業の誤りが正されるわけれはない。


パッケージの構成や配色までもそっくりに作られた商品はコピーの度を超していますし、コピー商品を生産する企業に反省の色が見えないのも大きな問題です。韓国旅行のお土産として買うには面白いのですが、企業利益を考えればそれだけで終わらない問題と言えそうです。







共通テーマ:ニュース

中国の反日学生、どさくさ紛れに女性の服脱がす [中国ニュース]

成都でデモが起こった10月16日午後、ファストフード店で友達と一緒にランチを取っていた女性に向かい、突如、反日学生たちが押し寄せてきた。ランチ中の女性たちは中国の伝統衣装「漢服」を身に着けており、それを日本の和服(きもの)と学生たちは見間違えたらしい。


近づけばそれが和服でないことは誰の目にも明らか。にも関わらず、引っ込みがつかなくなったのか、これ幸いと思ったか、学生たちは女性の服を脱がし、最後はTシャツ一枚にしてしまったという。その後、女性は「トイレに逃げ込んだ」という。


最終的に彼女は、心優しい通行人にズボンをもらって無事家に帰ったというが、学生たちは「反日」の名を借りて、やりたい放題やっているもよう。「反日活動は欲求不満のはけ口」とも言われているが……。まさに暴徒といったところだ。





共通テーマ:ニュース

有名建物を模倣した“パクリ版”豪華庁舎が続出、ホワイトハウスや天安門まで [中国ニュース]

2010年10月13日、香港紙・大公報は「パクリ庁舎を厳しく取り締まれ」と題した記事で、近年、有名建物を模倣した豪華庁舎が中国各地に出現していると報じた。


遼寧省の貧困県、盤錦市盤山県に総工費7000万元(約8億4000万円)で「人民大会堂」(国会議事堂に相当)ソックリの建物が建てられた。江蘇省の貧困県、塩城市阜寧県には総工費5000万元(約6億円)の「シドニー・オペラハウス」。3年前には河南省濮陽市に「天安門」―。いずれも地方政府ご自慢の豪華庁舎のことである。


パクリ庁舎を建てた県の幹部らに見られる特徴は「立派な庁舎があれば、外資を呼び込むことができる」と思い込んでいること。有名建物ソックリのものを建てても、外資系企業にかえっておかしな県だと思われることには気づいていない。こうした現象は悪しき役人気質が引き起こした悲劇(喜劇?)といえるだろう。





中国当局、海外ニュースを遮断=新華社、外務省談話のみ報道

中国で8日、民主活動家の劉暁波氏に対するノーベル平和賞授与決定について報じていたNHKなどの海外テレビ放送のニュース番組中、突然画面が真っ黒になり、視聴できなくなった。放送は他のニュースに変わると復旧。中国当局が劉氏に関する情報を国民に知らせないため、視聴を制限したとみられる。


国営新華社通信は、劉氏への同賞授与決定に反発する外務省報道局長談話だけを報じた。



 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます